【海外旅行 中近東】≪世界遺産≫キリスト教とイスラム教が交わる文化の十字路【トルコ イスタンブール】

旅行

【海外旅行 中近東】≪世界遺産≫キリスト教とイスラム教が交わる文化の十字路【トルコ イスタンブール】

【トルコ イスタンブール】

文化の十字路

三方を海で囲まれ、
欧亜両大陸にまたがるトルコ最大の都市。

ローマから都をこの地に移した皇帝は
自分の名を冠し、ここを
「コンスタンティノーブル」
と命名しました。

4世紀末のローマ帝国分裂後も、
東ローマ帝国の都として、最盛期を迎えました。

その後もビサンチン帝国と名を変えて
1100年以上も存続しましたが、
15世紀半ばにオスマン・トルコにより陥落。
名をイスタンブールと変えたのちは、
教会にミナレットを加えもモスクとし、
街並みもトルコ風に一変。
オスマン帝国の都として、約500年間も栄えました。


1000人近くの女性が仕えていたというハーレムがある、
歴代スルタンの居城トプカピ宮殿をはじめ、
ビザンチン・モザイク壁画群が多くみられる
世界最大級のドーム
「アヤソフィア」
246本もの大理石製円柱が林立する地下宮殿、
6本もあるミナレットがユニークな
「ブルーモスク」など、
旧市街には見所が無尽蔵です。


交通:東京から空路で約13時間、
欧州各地、アジア各地での乗継便も可。
ベストシーズン:4~11月

イスタンブールでび〜るトルコアイス

イスタンブール現地友人と街歩き



みんな始めてる!バレない副業!
稼げるブログ♪
いますぐ登録!ランニングコスト0円↓↓↓

1

関連記事

ピックアップ!

ピックアップ!

カテゴリー

月別アーカイブ