【海外旅行 ヨーロッパ】≪世界遺産≫ヨーロッパ最古の大学のある学生の街【スペイン サラマンカ】

旅行

【海外旅行 ヨーロッパ】≪世界遺産≫ヨーロッパ最古の大学のある学生の街【スペイン サラマンカ】

【スペイン サラマンカ】

ヨーロッパ4大学のひとつ、
サラマンカ大学は1218年の創立。

スペイン風ルネサンス様式の建物は
石の浮彫が美しい傑作。
壁面のレリーフのなかには、
ドクロにのったカエルの像があり、
それを発見したら学業が成就するといわれています。


旧市街のマジョール広場はスペイン中で一番美しい。
小さな広場には夜になると伝統的な学生バンドが現れます。
これはトゥナ(la tuna)と呼ばれ、
黒衣装の学生たちの歌声が広場いっぱいに響きます。
まるで中世の映画のような世界です。


交通:マドリードのチャマルティン駅から列車で2時間30分。
ベストシーズン:4~10月

古代に宇宙飛行士がいた!?サラマンカの大聖堂の謎

世界遺産の街サラマンカ、カテドラルの秘密

その買うを、もっとハッピーに。|ハピタス

1

関連記事

ピックアップ!

カテゴリー

月別アーカイブ