【海外旅行 ヨーロッパ】≪世界遺産≫16世紀で時間が止まったままのイベリアの京都【スペイン トレド】

旅行

【海外旅行 ヨーロッパ】≪世界遺産≫16世紀で時間が止まったままのイベリアの京都【スペイン トレド】

【スペイン トレド】

眼下に広がる中世の街並み。
400年もの前にグレコが描いたスペインの都
「トレドの景観」
から全く変わらない街。

旧市街地南側のタホ川対岸高台にある
ミラドール(展望台)から見える景色は
タホ川に3方を囲まれ、
丘陵と同色の家々がぎっしり建ち並ぶ街。


ミラドールの上に立つ素敵な国営ホテル(パラドール)へは
徒歩かタクシーで行かれますので、
ホテル内でお食事やお茶をしながら景色を楽しみ、
それから旧市街を散策されると良いと思います。

3つの宗教遺跡、建物が渾然一体となって残り、
それがトレド独特の魅力です。


交通:マドリードのプエルタ・デ・アトーチャ駅から
高速列車AVEで30分。
駅から旧市街までは徒歩15分。
ベストシーズン:4~10月

古都トレドに行ってみた

世界ふれあい街歩き スペイン 「トレド」

マドリード⇄トレド日帰り観光してみた!

1

関連記事

ピックアップ!

ピックアップ!

カテゴリー

月別アーカイブ